一体お金ってどう作られるの?

このシリーズを見るととても勉強になる。


【お金とは何か?国債が預金を創り出す!】 三橋貴明氏に教わる 第3回

 

お金とは一体何なのか、どのように作り出されるのか

 

というのを三橋さんが説明してくれています。

 

経済学をバカだとばっさりw

 

日本のシステムでは、国債を発行することで国民所得を上げられる

 

1.政府国債発行(借金)し市中銀行国債を買う(市中銀行は日銀当座預金で支払い)

2.政府は国債で得た資金で公共事業を行い政府小切手で企業へ支払い

3.企業は政府小切手を市中銀行で銀行預金に変換(企業の預金が増えた)

4.市中銀行は政府小切手を日銀当座預金へ変換 (日銀当座預金へ振込)

 

市中銀行からすると資産は2つ

 

買った国債と政府小切手から変換した日銀当座預金

 

そして銀行預金口座(銀行から見れば負債、企業から見れば資産)に銀行預金口座!

 

これが国民の給与になる!

 

うーん、日銀当座預金って私達持てないからよくわかんないけど奥が深いですね

 

「日本人がホントは知らないお金の話」って言う本も書いてるみたい。

 

私はまだ読んでないけど、読んだら感想書きます。

 

読んでみたい人は下のリンクからポチッとね。